妊娠と出産は何が起きるか分からない

今春にカップル目を分娩しました。
分娩前日の夜中に10分け前から15分け前間隔で苦痛を1感じました。病棟から「経産婦は速いから苦痛が15分け前頻度に来て」といういわれていたのですがどうしても頻度にバラつきがあり、病院に行くとなると上の子を起こしていかなければならないので悩みましたが、病棟に電話して聞いてみたところ「1度見させて下さい」と言われたので恋人といった上の子を起こし病棟に行きました。
病棟で、モニターをつけて診察してもらったエリア5分け前から10分け前間隔ではりはきているものの子宮口は2センチって前回の検診時とかわっていませんでした。このままはりが強くなり分娩になるかもしれないからといった入院になりました。但し、朝方には苦痛が遠のいてしまいました。その日恋人が営業を休んでくれたのでなるたけその日に産みたいと思い病室心理を駆け回りまわったりスクワットをしたりしましたがはりに繋がる事はありませんでした。お昼過ぎまでムードを見ましたが陣痛はなくあしたに妊婦健診の予定だったのでまず退院になりました。更に産む考え満々だったのですごくガッカリして家庭に帰りましたが現下思えば1度帰ったことによって分娩前にのほほんとお風呂に入れたし、よく眠れたので良かったです。
あしたはがんらい恋人は営業が週末だったので次女といった3輩で伸び伸び歩いて病棟に行きました。桜がきれいだったのを覚えています。
検診も乱れなかったのですがその家路にまた5分け前から10分の苦痛があり、前日の事もあるのでムードを見ようといった家に帰り正午を食べ上の子を昼寝させましたが、さすが辛いので病棟にTELし出向く部分に。それから1時刻後には産まれていました。
実り安産でしたが分娩はむしろ大変です。
今までと筋肉の躍動感が違います。http://www.gazparry.co.uk持ち歩きやすいのでジムに行く時も便利ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です