ダイエットにまつわるよもやま話~妊娠中のダイエットについて~

タイトル①:妊娠中は摂取する栄養が偏りやすい

妊娠中の食生活は、つわりがあったり味の好みが変わったりといった、決して偏りがちだ。

それは、つまり、摂取する栄養が偏っているということになりますよね。

母体という胎児の健康を考えれば、栄養素をきちんと摂りたい妊娠中ですが、何となく苦しいのが現状ではないでしょうか。

今回は、そんな妊娠中に摂取したい栄養素や、それらを豊富に含む食材などに関して細かく触れていきたいと思います。

タイトル②:妊娠中に青汁を飲み込むメリットは?

栄養素を手軽に摂取できる青汁は、摂取する栄養素が偏りがちな妊婦にとりまして力強い味方となって頂ける。

とくにビタミンやミネラルは、加熱を通じて壊れてしまうものもあるため、妊婦ではなくても、コンスタントに摂取するのがしんどい栄養素でもあります。

青汁をうまく活用することによって、妊婦を始め、慌ただしい人間にとりまして摂取がしんどい栄養素を服することができるのです。

タイトル③:妊娠中に殊に摂りたい栄養素

では、妊娠中にとくに摂りたい栄養素にはどのようなものがあるのでしょうか。

?葉酸

女性にとりまして大切な栄養素と言われる栄養素としてよく耳にする葉酸は、ビタミンBの一種だ。

葉酸は、胎児の神経を考える働きを担っているといったいわれ、発育における重要な役割を果たしてある。

妊娠前から出産まではもちろんですが、妊娠6週目までの妊娠初期は、胎児において一際重要な発育時期なので、葉酸を積極的に摂りたい時期だ。

妊娠中に摂りたい葉酸の量は、毎日0.4mgと言われています。

これは、妊娠していないときの倍の量になりますので、最も、妊婦の身体には多くの葉酸が必要ということがわかると思います。

ただ、毎日の用量が1mgを超えるって、吐き気やむくみなどのアレルギー反応が出てしまう可能性が高くなり、ひいては産後の赤ちゃんが喘息になるリスクが伸びるとも言われていますので、注意しなければなりません。

葉酸は、緑色の野菜や果物に数多くあるので、上手に取り入れていきましょう。

?カルシウム

ご存知の通り、カルシウムは骨の元となる重要なミネラルだ。

やはり、胎児の骨や歯を形成するのに大切な栄養素でもありますので、妊婦の用量が不足すると、歯が軽くなったり、骨粗しょう症を招いたりします。

妊娠時折、妊娠していないまま比べて、1.5倍の量です900mgというカルシウムを摂らなければならないことからも、カルシウムが母体や胎児にとりましてどれだけ重要な栄養素なのかご理解できるかと思います。

こういうカルシウムは、乳製品やししゃも、煮干し、小松菜などの食品に数多く含まれているので、積極的に服するようにしましょう。

?鉄分

鉄分は、身体中に酸素を贈る赤血球を築き上げる重要なミネラルだ。

こういう鉄分が不足すると、貧血や立暗みなどの症状を招きます。

案の定、妊娠中は赤ちゃんの身体にも酸素を送らなければならないので、妊娠していないときの30%ほど、血液の量が増えると言われています。

妊婦の鉄分用量は、23g程度が理想となっています。

これは妊娠していないときの約倍の量だ。

また、鉄分を吸収するのを支える栄養素として、ビタミンCやタンパク質が大切に繋がるので、こちらも意識して摂りましょう。

鉄分を多く盛り込む食材は、赤身の牛肉や卵などです。

?亜鉛

私たちの身体を構成している筋肉などのの元であるタンパク質や、遺伝子の合成に関わって生じるのが、こういう亜鉛になります。

赤ちゃんの体が成長する過程で亜鉛が不足すると、タンパク質の合成がうまくいかず、低身長、低体重になってしまいケー。

妊娠していない時は8mgの摂取が理想ですが、妊娠時折10mg摂取するのが優良と言われています。

亜鉛は牛肉や煮干しなどに数多く含まれているので、これらも積極的に摂りたいところです。

タイトル④:青汁が妊婦を助ける!

さて、先にも書いた通り、妊娠時は摂取する栄養が偏りやすいのが現状です。

そんな時に、簡単に取り入れられる青汁が、マタニティライフを助けて頂ける。

青汁には妊娠中に摂りたい多くのビタミンやミネラルが塞がり、また、妊娠中に苦しむほうが多いであろう便秘の時に摂りたい食物繊維も豊富に含まれています。

妊娠中の便秘の原因は、プロゲステロンというホルモンが腸の動きを弱めたり、大きくなった子宮が大腸を圧迫するために起こると言われています。

お腹に優しい防風通聖散を探しているのなら食物繊維を摂取するため、腸を健康に持ち、便秘を解消できる可能性が高くなります。

青汁=マズい、というイメージを保ちがちですが、研究が繰り返しられ、現在では非常に呑み易い青汁も開発、市販されています。

妊娠中はサプリメントや薬などの摂取が制限されてしまうので、青汁をうまく活用するため、健康的な赤ちゃんを産んでほしいと思います。