こどもの壮健診査

生後4ヶ月になるこどもがある。つい先日、地区で受ける無料の、こどもの壮健診査をめぐってきました。3ヶ月?5ヶ月検診、と言われる検診になりますが、産後すぐの検診や1ヶ月検診はお産をしたクリニックとしてやってもらった結果、地区で受ける検診にこどもを連れて行く、は初体験でした。賑わうのを遠のけたかったので指定された年月日ではなく、この日の都合が悪い者はこちらのお天道様も何とぞ、と保険的に書いてある年月日をわざと選び、さらに天気が多雨の予報のお天道様を選んで行ってきてみました。客席に到着すると、群衆お天道様を避けてきたはずなのにかなりの家族の数量にびっくりしてしまい、そして少々しょんぼりもしましたが…この地域は人口が多いのだなぁってふたたび実感しました。女房のストレスチェックにはじまり、女房がおめでた中に育休などを利用したかどうかのアンケートに答えたり、こどもの壮健診査を進めたり、保育士氏のツイートを聞いたりって、思っていたからやることがたくさんあって驚きました。わさわさって指示された順番でルームをまわり、至高ドキドキするこどもの壮健診査の番が来て、泣かないかな?って心配していたのですが、おとなしく診療を通していてホッってしました。診療がおわり「有難い子だったねぇ?」といった、相当丁寧に担当してくださった小児科医のおばあちゃん医者に褒められ、良かった良かったとしていた途端、医者の胸に付いていたネームカードをこどもが、ガシッ!と掴んで奪い取り、階層にぽいっと投げた時はいきなり予想外のことが起こったので「はいえっ!?」といった思わず笑ってしまいました。無事に全品終わり、身長やウエイトなど、こどもの拡大も感じられて有難い一日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です